イケハヤが出している「Youtube攻略の教科書」のイントロがめちゃくちゃ【中編】

男性 ブログ

イケハヤ(イケダハヤト)が出した、「Youtube攻略の教科書」のイントロがめちゃくちゃ、という話です。

情報商材売るなら、イントロの部分について整合性は必要だと思うのだけれど。

前回からの続きなので、読んでから本記事を読んでいただければと思います。

YouTube攻略で得た収益を公開しないのはなぜなのか

 

大企業の中堅サラリーマンくらいの年収

「詳細な収益を一般公開するのは規約で禁止されている」と語るイケハヤ。

実際には、収益について公開することに、なんら問題はありません。

実際「マスザワ内閣」のまっすう氏が、詳細な収益を動画で語っていました。

もちろん、何の問題も生じていません。

つまり、イケハヤは詳細な収益を公開してはいけないと勘違いしているか、公開できないのかいずれか。

「YouTube攻略の教科書」の値段設定、アップデートに関するグダグダ

こちらの教材、価格は29,800円です。

「高知の山奥のイケハヤに話を聞きにいったと思えば安い」と語るイケハヤ。

いや、通常は「話に聞きに行った」、とは思いませんよね。

これは特別なことではなくて、普通の考え方ですよね(イケハヤ風)。

関係ないけど「高知の山奥のイケハヤ」で「の」という助詞が二度使われている。

ライターとしてはものすごく気になってしまう。

ブロガーの神が、初歩的な、文法におけるミスを犯すとは……(白目)

次の文章!

とはいえ格安だと思います。

「自分でいうのもなんですが」、とイケハヤ。

いや、本当になんなんですけど、29,800円は格安だという主張ですね。

(上記、よく覚えておいてください)

そして内容もアップデートしているから、下手なYoutube本や中途半端なセミナーに出るよりよい、と。

……Youtube本やセミナーも、日々状況に合わせてアップデートされていっていると思うんですが……。

あ、ここもよく覚えておいてください。

値上げする予定

さて、問題は上記部分(まぁ全体的に問題だらけなんだけど)。

「あんまり安売りしてもよくないんですよね」というイケハヤ。

いや待て待て!!!

さっき「自分で格安」って言ってただろ!

格安で売っているなら、貴重なノウハウが出回ってしまう。

格安で売っていないなら、「高い」ということになる。

要するに「高く売りたいがための言い訳」としか聞こえなくなってくる。

「いや、ほんと、ぜんぶ出しちゃってるんで、広く売りたくないんですよ! 本音です!」

……本音ですって便利な言葉ですね。

あと「煽るわけではない」というけど、煽りじゃなかったらなんなのさ。

 

ちなみにラストでも、性懲りもないことを……

古びないように

いやいやいや……だから加筆修正≒内容のアップデートは、書籍、セミナーともにやってるって。

差別化したことになってないよ。

「YouTube攻略の教科書」を買った人の声について

なかじ

購入者の声を紹介するイケハヤ。

たしかにYouTube攻略の教科書を買った人で、成果が上がっている人もいるでしょう。

なかじ氏のチャンネルは、かなりの登録者がいます。

動画の再生(視聴)回数も、じゅうぶんに伸びています。

ただ、一度冷静になって考えてほしいことがあります。

「Youtube攻略の教科書を買ったから、成果が上がった」

という「原因と結果の関係」は、果たしてかならず成り立つのでしょうか?

ぼくはそう思っていません。

なぜならYouTubeは、投稿者の才能(という言葉で片づけるのは厭だけど)によって成否が分かれる部分があるはずだから。

ブログと同じです。

伸びる人もいれば、伸びない人もいます。

だから、購入者がいくらYoutube攻略の教科書で成果が上がったと言ったとしても、かならずしもそうだとは言えないのだ。

余談

あと関係ないんですけど、本当に関係ないんですけど……

ぼく、Amazonレビューに高評価を書き込む仕事、やったことあるんです。

Amazonレビューで指定の商品をほめちぎるだけで、1,000円くらいもらえるんです。

商品ももらえます。

まあいわゆる「サクラ」という方法です。

いや、関係ないんです、関係ないんですけどね。

長いので後編に続くwww

コメント