本を読んでも内容が入ってこない人は読書ノートを取りながら読もう!

ライフハック

こんにちは、黒ぶちスラッシュです。

WordPressに移転してきてから初めての更新です!

記念すべき一回目は、僕が愛してやまない、読書についてお話したいと思います。

皆さんは普段、読書をされていますか?

旧ブログでもお話していたように、成功者は必ずと言っていいほど読書をする習慣を持っています。

落合陽一さんなんかは、読書から得られるインプットを効率化するために、セミナーに行って速読技術を極めて、なんて話もあるくらいです。

僕もここ数か月、ほぼ毎日読書をするようになりました。

昔はほとんど読書なんてしていなかったのですが、今となっては読書のない生活なんて到底考えられません。

しかし読書をしながら、このように思うことがありました。

なかなか本の内容が頭に入ってこないな……

似たような事を感じたことがある人もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

確かに、本に書かれている情報の濃密さは、とても魅力的です。

でも、きちんとインプットして、自分のものにしないと何の意味もないですよね。

せっかく読書をしているのに、得られるものがなかったら時間の無駄です。

それだったら最初から読書なんてしないほうがマシ、ということになりますよね。

そこで今回は、読んでいる本の内容が入ってこない、と悩む方に「読書ノート」という方法をお勧めしようと思います。

読書の内容が入ってくる「読書ノート」の使い方

やり方はとてもシンプルです。

ペンとノートを用意して本を読み、自分に響いた内容や、大事だと思った文章を、ノートに記録していく。それだけです。

コツとしては、箇条書きや図の挿入なのでキレイに見やすくまとめる。

特に大事なところは文字を変えたりアンダーラインを引いたりする。

学生時代の黒板の板書のような要領で進めていけばOKです。

僕は読書ノートを使うようになってから、読書がより有意義になりました。

読書ノートを使っているのとそうでないとでは記憶の定着度に大きな差があります。

読み進めるペースが遅くなってしまうのが難点ではありますが、自分にとって大事なことをしっかりとインプットするという意味では、とても効果的でした。

読書ノートを見返せば、大事なことは全てそこにある。

また、読書ノートは、本の内容が頭に入ってくるというだけでなく、「学んだことを記録しておくことができる」という利点もあります。

日々書き留めてきた読書ノートを見返せば、そこには自分が読書で学んできた内容が、すべて網羅されています。

ちなみに読書ノートを書く段階でキレイにまとめていると、ここでそれが効いてきます。

キレイにまとめられている読書ノートは、見返した時にどんなことを自分が学んだのか、とてもわかりやすいものになっているはずです。

図書館で借りてきた本を返す前の備忘録にも

書籍代というのは結構バカにならないので、本は図書館で借りている、という方も中にはいらっしゃるかと思います。

僕もどちらかというと、図書館で借りてくることのほうが圧倒的に多いです。

ただ、当然ですが、借りたものは返さないといけません。

しかし、読書ノートがあれば、借りた本を返す前に、自分にとって大きな学びとなったところだけを記録しておくことができます。

図書館で借りてきた本は、マーカーを引くことすらできませんが、読書ノートを取ることで、沢山の学びを蓄積することができます。

「買ってきた本は直接マーカーする」

「借りてきた本は読書ノートに記録する」

なんて使い分けもアリだと思います。

読書ノートでより素敵な読書ライフを

 

いかがだったでしょうか?

どんなにいい本でも、それを自分のものにしなければ何の意味もありません。

読書ノートがあれば、ただ読み進めていった場合と比較して、はるかに効率的にインプットすることができます。

ぜひ、ペンとノートを用意して、本を読み進めていきましょう!

コメント