ストレングスファインダーを受けて34資質の組み合わせを調べたよ

Uncategorized

こんにちは、ミケ渕くろぶです。

今回、ストレングスファインダーを受けてみたのでご報告しようと思います。

その前に、ストレングスファインダーっていったいなんなのかわからない方もいらっしゃると思うので、まずはその説明から入りたいと思います。

ストレングスファインダーとは、米国ギャラップ社が開発した「自己資質分析ツール」です。

177個の質問に答えることで、人間にある34個の資質を、優位な順から一覧としてまとめてくれるというものです、

ようするに、転職サイトなどにある自己分析ツールの究極系だと思っていいただければよいです。

ストレングスファインダーを受けることにより、

「自分はどんな資質が上位なのか」

「自分はどんな資質が下位にあるのか」

を知ることができます。

それを知ることができれば、上位の資質をどのように活かすか、あるいは下位に位置する資質をどのように伸ばすか、という思考に移ることができます。

このように自己理解を深め、自分にとってより有意義な人生の選択を出来るように導く、これがストレングスファインダーです。

ストレングスファインダーを受けてみた結果、組み合わせはどうなった?

 

ストレングスファインダーの活用法として、上位5つの資質に対する理解を深め、それを活かすというものがセオリーのようです。

それにならってまずはぼくの上位5つの資質を公開したいと思います。

1位 回復志向

2位 自我

3位 共感性

4位 目標志向

5位 慎重さ

という組み合わせになりました。

聞きなれない言葉、哲学的すぎて一言では言い表せないワードが並んでいるので一つずつ解説していこうと思います。

これをお話することによって、ストレングスファインダーの資質のなんたるかを知ってもらえたらと思います。

回復志向ってなに?

問題解決が大好きな人間ということです。

〇人間関係の不和、機械の故障、ビジネス上での障害、などの問題を回復し、正常な状態に戻すことが好き

〇既にある問題のみならず、これから起こる問題を予測して対策を立てることができる

〇自分自身に厳しい傾向がある

〇傷ついた人、落ち込んでいる人を勇気づけることが好き

自我ってなに?

人に認められたい資質です。

〇自分のやっていることを高く評価してほしい

〇仕事を自分の人生そのものにしたいと思っている

〇自分のやり方にこだわる

〇行動や課題を自分で決められる立場に立つと本領を発揮する

共感性ってなに?

他者の気持ちを察するという資質です。

〇他者に対して慈しみや労わりの感情を持って接する傾向が強い

〇他人の感情を読み取る能力(と、その結果から取る行動)によって利益をもたらす傾向が強い

〇傷ついた人に対しては、より思いやり深く接することができる(共依存のリスクか?)

〇自分の感情に何か特別なエフェクトがかかった時に、その感情を客観的に分析しようとする傾向にある(マインドフルネス、もしくはメタ認知に近いか?)

目標志向ってなに?

目標を達成したいという志向を持つ資質です(そのまんま・・・)。

〇目標を設定し、そこに向かって行動する

〇目標の達成に必要な行動かそれともそうでないかを強く意識している

〇目標から逸れた共同者業者を目標への道へ連れ戻すことができる

〇やるべきことがはっきりしていないとフラフラしてしまう

慎重さってなに?

物事を始める時に、立ち止まって考えてから行動を起こす資質です。

〇何かを始めるにあたって十分な準備を取る

〇何かが起こってしまうことを念頭に置き、対策を用意する

〇リスクを気に掛ける

〇決断に時間がかかる

 

ストレングスファインダーを受けてみた結果、良かったことは?

ストレングスファインダーを受けてみた結果、良かったこととしては、

自分がどのような行動を取れば輝けるのかある程度イメージすることができた、という点が挙げられます。

ぼくは今まで回復志向という資質を強く持っていることを知らなかったです。

だから、その資質が活かされる場所、活かされる行動を取ろうという発想が生まれませんでした。

しかしいまや、ストレングスファインダーの1位に回復志向があるということを知っていることにより、自分自身がより活きるような選択を取れる可能性が生まれました。

たとえば、ぼくがこれから就活をするのであれば、回復志向が活かされる仕事を探すでしょう。

ストレングスファインダーの組み合わせに沿った職業を選ぶのです。

オペレーターや福祉医療関係の仕事は回復志向が強い人に向いていると言われているので、ぼくはこのあたりの職を選ぶでしょう。

また、2位に自我があるため、自分の回復志向が人の役に立ったり、結果として顕著に現れるような行動を心掛ければ、働くということがいくぶんか楽しくなるように思います。

そこに3位の共感性を絡めて考えれば、「人の気持ちを察することが重要である」とされる職種を選ぶという選択肢もでてきます。

また、下位資質が必要となってくる環境や行動を避けるということも可能です。

「指令性」という資質があります。

ぼくはこれがと比較的低い順位に位置しているわけなので、指令性を要求される場所では自分を活かしづらいということになります。

指令性は、ものすごくざっくり言うとすると「リーダーとしての素質」です。

ですから、管理職やプロジェクトリーダーのような仕事は不向きであると推定できます。

出世とは縁遠いようですね。(笑)

とはいえ、出世することだけが幸せになる方法ではないというのも一つの事実です。

現に会社で高いポジションを得るということ以外でも幸せに生きている人達は沢山います。

不動産を転がして大きな収入を得て毎日楽しそうにしている人もいるし、フリーライターとしてバンバン稼いでる人も沢山います。

ぼくにとっては、会社で出世することよりも、上記したようにフリーライターや不動産運用で活動することが、「ぼくなりの幸せ」という風に答えを出すことができるわけですね。

ストレングスファインダーの組み合わせから実際に一つの答えを出してみる

ぼくの場合、上記したように上位資質は「回復志向」「自我」「共感性」「目標志向」「慎重さ」という組み合わせでした。

この5つの組み合わせを参考に、自分の理想の職業を探し出してみようと思います。

まず、回復志向が1位なので、「マイナスをゼロに戻す」という仕事から選ぶこととします。

2位に自我があるので、その結果を評価されやすい仕事が良いでしょう。

今すぐに思いつく「結果」とは「ありがとう」と言ってもらえることが挙げられます。

実際、ぼくは何かをしてありがとうと言われると、すごくうれしいです。

3位が共感性なので、「機械や物」を相手にする仕事よりか、人にかかわる仕事が良いかなと思います。

4位が目標志向。なので、目標をはっきりと設定、達成した時にそれが顕著に認識できるものにします。

5位が慎重さ。決断スピードや肝っ玉が試されるようなものは避け、じっくりと腰を据えるタイプの仕事を選ぶことになりますね。

これらの上位資質の組み合わせを考えた結果、ストレングスファインダーの側面から

心理カウンセラー

が適職なのではないかと考えます。

心理カウンセリングを受ける人はなんらかのマイナスがあってそこにいるので、回復志向が活躍する絶好のチャンスです。

また、カウンセリングによってクライアントの問題を上手に解決することができれば「先生、ありがとうございます」と感謝されることでしょう。

自我の資質にマッチします。

3位の共感性はカウンセラーとしての絶対条件ですよね。

クライアントが今どんな悩みを抱えているのか、そしてどんな気持ちになっているのか、それを察するために、共感性は欠かせないと思います。

4位の目標志向は、クライアントと共に二人三脚で望んでいる状態まで回復するために、役に立ってくれそう(できれば数値目標が立てられたらなぁと思いますが)。

5位の慎重さは、クライアントの人生の一部を預かるカウンセラーの役割とマッチしています。

クライアントがどのような状態なのか、慎重に探りつつ、また、本人に無理のないよう慎重なケアプランを実行することに、ひと役買ってくれそうです。

というような理由で、もし転職するなら「心理カウンセラー」なのかな、という風に判断しました。

ストレングスファインダーの組み合わせで望む人生を生きることができるかも

上記してきたものはあくまでシミュレーションで、ぼくは心理カウンセラーという人生を生きようとは、今のところ考えていません(フリーランスライターで生きていくと決めているから)。

とはいえ、もし今現在、どんな職業につくか決めかねている、対人関係上の悩みを抱えている、というシーンに出会っている人にとって、ストレングスファンダーは大きな手助けになります。

ぼくも心理カウンセラーのことはさておき、ブログ収益化、Twitter運用などでは目標志向をうまく動かすことを意識して活動しています。

また、資質の順列は34個分出るので、下位に出ている資質が必要とされる場所では戦わないという選択もできます。

たとえば、僕は「自己確信」という資質が33位です。

自己確信とは、自分の能力と判断に自信を持ち、リスクを冒してでもチャレンジする資質です。

ということは、銀行からお金借りて事業を起こして一発当てる、みたいな派手な行動には向いていないということになります。

上位資質、下位資質の組み合わせをしっかり見極めて、合理的な行動につなげていきましょう。

もしストレングスファインダーを受けられるのなら、今までの生活、行動、働き方に対してとても大きな影響が与えられると思います。

ぜひ、機会があれば、ストレングスファインダーを受けてみてほしいな、と思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました